×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  スリランカ紅茶について

スリランカ紅茶について

スリランカ紅茶について

紅茶の生産国として有名なスリランカの紅茶はかつての国名にちなんで「セイロン紅茶」と呼ばれています。
セイロン紅茶は色、味、香りの3要素のバランスが良くとれており、世界中の人々に愛されています。
スリランカでは主に7つの産地で紅茶が生産されており、産地ごとに味わいや特徴が異なります。

高地産/ハイグロウンティー

標高1,300ⅿ(4,000フィート)以上の茶園で栽培されている紅茶。
セイロン紅茶の高級品にランクされ、独特のデリケートな味と爽快な渋み、香気をもち、水色は明るいのが特徴。

ウバ

クオリティーシーズンは7~9月。

ウバはスリランカ南東部の高地で生産されており、世界三大銘茶のひとつに数えられています。
爽快な渋み、特有の香気とコク、赤みの濃いオレンジ色の水色が特徴です。
ゴールデンリング(カップの縁の水色)を楽しむならストレートがおすすめですが、ミルクティーにしてもとても美味しいです。

ヌワラエリア

クオリティーシーズンは1~2月。

ヌワラエリアはスリランカ南西部で生産されています。
緑茶に似た適度な渋みと優雅でデリケートな香気、淡いオレンジ色の水色が特徴です。
緑茶のような快い渋みとすっきりとした爽快感があり、ストレートで飲むのがおすすめです。

ディンブラ

クオリティーシーズンは1~2月。
年間生産量が多く、クオリティーシーズン以外でも安定した品質のお茶が生産されています。

スリランカ南西部の高地斜面に位置するディンブラは、ハイグロウンティーの中でも最も標高の低い産地です。
バラの香りに似た高貴な香りと、まろやかで程よい適度な「ブリスク」と呼ばれる渋みがあり、明るくオレンジがかった鮮紅色の水色が特徴です。
ストレートでもミルクを入れても美味しく飲める紅茶で、日本人がイメージする紅茶に最も近い味わいと言われています。

中地産/ミディアムグロウンティー

標高670~1,300ⅿ(2,000~4,000フィート)の製茶工場で栽培されている紅茶。
渋みはやや弱く力強い味わいが特徴。

キャンディ

高地産の紅茶に比べて、水色はやや濃く輝きのある鮮やかな紅色をしています。
渋みは少なく、芳醇な香気と癖のないすっきりとした味わいが特徴です。
ストレート以外にも、バリエーションティーやアイスティーにも向いています。

低地産/ローグロウンティー

標高670m(2,000フィート)以下の茶園で栽培されている紅茶。
香りは控えめで、水色が濃いのが特徴。

ルフナ

茶葉の外観は黒っぽく、水色は濃く深い赤色をしています。渋みは少なく燻したようなスモーキーな香りが特徴です。ミルクティーにすると色合いが深く、マイルドな風味が味わえます。

お問い合わせ

ご不明な点などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

FAX 042-440-3875